“「第10回 川崎市フットサル大会(少年少女の部)」大会要綱
1. 趣旨 スポーツ活動を通じ、青少年の健全育成を目指すとともに、かながわゆめ国体を機に、生涯スポーツの核としてのフットサル振興、普及を図る。
2. 主催 川崎市サッカー協会
3. 主管 フットサル委員会
4. 共催 川崎市教育委員会
5. 日程 平成19年 7月7日(土)、8日(日)、8月18日(土)、26日(日) (4日間)
6. 会場 宮前スポーツセンター(予選 7月7日 2ブロック、7月8日 2ブロック消化)
     等々力アリーナ(予選 8月18日 2ブロック消化、 順位戦 8月26日)
7. 参加資格
(1) 川崎市サッカー協会 第4・5種委員会に所属の小学生4年~6年、7~15名で構成され、スポーツ安全保険に加入済みで、
   審判のできる指導者に引率されたチーム
(2)フットサル審判有資格者が2名帯同できる事。(川崎市認定審判資格以上)
(3)1チームで複数エントリーの場合、6年生が16名以上で2チームエントリーできる。
(4)選手はエントリーされた子のみ出場できる。 
   追加エントリーは、予選日受付での提出を最終とする。 Fax送信も可。
8. 参加費 10,000円
9. 参加チーム 最大40チームを限度とする。
10. 競技方法(予選会場の希望があれば仮申込書に明記し、抽選会で優先する。)
(1)予選リーグ;4または5チームブロック、
         順位決めは1)勝点、2)得失点差、3)総得点、4)抽選とする。
(2)予選リーグ5位チームは予選落ちとする。(フレンドリー検討)
(3)中央大会;1,2位トーナメント、3,4位トーナメント。引き分けの場合、3人のPK戦。
(4)試合時間;10分-3分-10分 計20分のランニングタイムとする。
(5)ピッチサイズ;40m×20mを基本とする。ゴールはハンドボールの3×2mを使用する。
11. 競技規則
(1)最新年度の日本サッカー協会発行 「フットサル競技規則」に準じる。
(2)ファイブファウル採用。レッド、イエロー2枚は退場、次の1試合出場停止とする。
12. 審判
予選リーグ審判は、チーム相互で行う。 
順位戦の3,4位トーナメント戦は帯同審判同士、1,2位戦は帯同審判員と市協会派遣審判員(準決勝から)が行う。
13. 表彰 優勝~第4位、下位トーナメント1位~4位を表彰する。
14. 抽選会
会場;会館とどろき 電話 044-733-3333(代)
日時;6月17日(日)午前9時30分受付開始(時間厳守のこと)
15. 申込み方法
(1)仮申込書に記入の上、5月25日(必着)までに下記あてにFaxで送付する。
   仮申込みを受けたチーム名は、フットサル委員会ホームページに掲載。 
   定数内チームは参加確定。
   仮申込みチーム数が定数を超えた場合、委員会において抽選し、結果はホームページ上に掲載する。
(2)定数内、抽選の結果参加資格を得たチームは、
   エントリー用紙に必要事項を記入し、参加料振込控えコピーを添付し、下記に郵送で申し込む。
   申込み締め切りは、6月8日(金)必着。(期日厳守のこと)
(3)申込みおよび問い合わせ先
  川崎市サッカー協会 フットサル委員会 少年少女の部担当
   会田 勝之
     電話 044-366-3456
     Fax 044-333-0120
     携帯 090-3437-0537
     〒210-0847 川崎市川崎区浅田1-5-27
16. 参加費振込先
川崎信用金庫 宿河原支店 普通口座 01-44-910
川崎市サッカー協会フットサル委員会
代表 八巻(ヤマキ) 哲男(テツオ)
17. フットサル審判 資格取得講習会および更新講習会(川崎市認定)
(1) 日程;6月 3日(日) 会場;中原市民館(小杉駅前)
        6月10日(日) 会場;テクノ川崎(溝の口駅前)
        6月17日(日) 会場;テクノ川崎(溝の口駅前)
         6月24日(日) 会場;中原市民館(小杉駅前)
(2)時間;18時受付、18時30分 講習会開始(4日間とも時間は同じ)
(3)費用;審判資格受講者 2,500円、 更新受講者 1,500円
      講習会当日、会場受付にて徴収する。
(4)持ち物;筆記用具、ワッペン(07年のワッペンと交換。更新者は忘れずに)
(5)申込み方法; 更新受講者は審判委員会より案内あり。仮申込書に記入しても受付。
(6)審判講習会は、川崎市サッカー協会 審判委員会が実施する。
上記日程の内、都合のよい日程を選択し、仮申込書に記入してください。
川崎市サッカー協会 フットサル委員会
[仮申込書、エントリー用紙は下記よりダウンロード願います。]
『大会募集案内』