第18回かなべえ川崎市フットサル大会(女子の部)開催要項


 border= 開催要項  (Word版…下記内容と同一)
 border= 大会申込み書 兼メンバー表 (エクセル)


1.主   催 特定非営利活動法人 川崎市サッカー協会
2.主   管 川崎市サッカー協会フットサル委員会
3.期   日

平成27年12/12(土)、平成28年2/27(土)、3/26(土)

4.会   場 川崎市宮前スポーツセンター
5.参加資格

川崎市サッカー協会に登録している女子チーム

(1) 大会運営方針に賛同し、協力的に参加できる女子チーム(サッカー協会への登録はしていなくてもよい。)
(2) 選手の年齢は中学生以上とする。(未成年の選手で構成するチームについては成人の指導者が引率する。)
(3) 選手人数は何人でも登録できる。
(4)

ユニフォームは正・副2種類を用意することが望ましい。

(5) 各自傷害保険(スポーツ安全保険等)に加入していること。
(6)

審判員を1名以上登録する。(男女は問わない。)

6.募集
  チーム数

10チーム 
※2015年度川崎市女子フットサルリーグに参加している8チームは優先的に参加でき、それ以外のチームを新たに募集する。応募が定数より多かった場合は、先着順で参加チームを決定する。

7.競技方法

(参加チーム数によって変更の可能性あり。各チーム最低3試合は実施。)
【予選リーグ】3チーム、3チーム、4チームのリーグ戦
【決勝トーナメント】各リーグの1位と4チームリーグの2位の4チームでトーナメント
【5位決定トーナメント】3チームリーグの2位、3位の4チームでトーナメント
※予選リーグの順位は、勝ち点(勝ち3、引き分け1、負け0でカウント)→得失点差→当該チーム勝敗→抽選で決定する。
※トーナメントで同点の場合、準決勝、決勝戦のみPK(3人+サドンデス)、他は抽選で勝敗を決定する。
※リーグの組み合わせは、2015年度川崎市女子フットサルリーグの順位を配慮し、運営委員会にて決定する。

8.競技規則

日本サッカー協会発行の「フットサル競技規則2014/2015」及び決定事項による。尚、下記の細則を定める。

【試合時間】
予選リーグ、順位決定トーナメントとも8分-3分-8分のランニングタイム(ラスト1分のみプレイイングタイム)とする。タイムアウトはなし。

【累積ファウル】

第2ペナルティマークからのフリーキックは、前後半それぞれ4つ目のファウルからとする。

【警告】

イエローカードを累積2枚もらった選手は次の1試合に参加できない。レッドカードをもらった選手は、次の1試合に参加できず、さらに、その内容に応じての追加処分を運営委員会にて決定する。

【用具】

シャツ・パンツ・ソックスの3点を選手全員で揃えること。(ゼッケン部分は、ワッペンなどではりつけたものでも可とする。)ゴールキーパーについてはシャツのみでも可とする(ゼッケンなしも可。ビブスは認めない)。
アンダーシャツ、アンダーショーツを着用する場合には、チーム全員同色のものを着用すること。(着用するかしないかも、試合ごとにチーム内で統一する。)
交代要員は、ユニフォームと異なる色のビブスを着用する
対戦するチームのユニフォームが同色となった場合はコインイントスでの敗者がビブスを着用し、試合を行う。

【エントリー】
何人でもエントリーできる。ただし、各試合のベンチ入りメンバーは14人までとする。尚、大会初日の試合30分前まで追加エントリーを認める。(最新版のエントリー票を当日持参)

【棄権試合の扱い】
チームの事情により、参加できない試合がある場合は、試合日の1週間前までに本部に申し出ることとし、その試合は0-3の不戦敗とする。(他の日程の試合は通常に参加できる。)1週間前までに申し出がなく不参加となった場合は失格とみなし、順位は最下位となり、他の日程はフレンドリー試合とする。

9.表   彰

第1位から第3位までを表彰する。(賞状授与)

10.審判 ・
     記録

【主審】川崎市サッカー協会派遣審判員に依頼する。
【副審】参加チームによる相互審判を原則とする。(有資格者が望ましい。審判服を着用のこと。)
【記録】参加チームで割り振られた試合を担当する。タイマー、スコアラー等最低3人で行う。

11.参加費

川崎市サッカー協会登録チーム7