平成21年度夏季サッカースクール報告

<1日目 テーマ:コミュニケーション&ボールタッチ(GK:基本技術)
日時:平成21年8月4日(火)
場所:
川崎市立新作小学校


涼しい中でのスタートでしたが、時間とともに気温が上昇し陽射しも強くなり、夏らしいコンディションとなりました。今年も70名という多数の少女選手の皆さんが参加して頂き、川崎フロンターレのスタッフをはじめ、近日、関東大会に出場するFCフロンティア、ガロッタFC、川崎ウイングスといった市内一般チームに所属する選手の皆さん(当サマースクールの卒業生がたくさん参加して下さいました)の協力の下で5日間のスクールのはじまりです。冒頭に4つの約束を掲げ、暑い中でもみんなで楽しくサッカーをしよう!という姿勢で参加しましょうと促しましたが、みなさんは以下の約束をどこまで守る事ができたでしょうか?

(1)大きな声ではっきりと話す
(2)人の話をよく聞く
(3)積極的に取り組む
(4)自分を表現する

5日間、この約束を守り、夏季スクールを、仲間との交流を、そしてサッカーを楽しんで下さい!

 

<2日目 テーマ:パス&コントロール(GK:基本技術)
日時:平成21年8月5日(水)
場所:
川崎市立新作小学校


2日目は非常に暑い中でのスクールとなりました。前日の復習も兼ねて様々なリフティングやボールフィーリングからトレーニングは始まり、障害物をかわしてのパス&コントロール&シュートなどのメニューを行いました。ゴールキーパーのトレーニングもより充実させ、ハンドパス&基本キャッチ3種類& ローリングダウン と従来よりも本格的な内容となり、参加選手のみなさんも夢中で取り組んでいるように見受けられました。休憩時間の合間にも自らリフティングをする子が増え、参加する意識の高まりを感じます。本日のトレーニングで、徐々に「次のプレー」を意識して考える事ができるようになって来たと感じましたが、一方ではゲームでまだ自分を「表現」しきれていない選手もいたようで、残り3日間でどこまで頑張って自分を出せるかが楽しみです。

 

<3日目 テーマ:シュート(GK:シュートストップ)
日時:平成21年8月6日(木)
場所:
川崎市立新作小学校


3日目は、「シュート」というプレーについて、“ファーストタッチ(どこにボールを出すか?)”と“軸足の踏み込み”をポイントに練習に取り組みました。途中からGKをつけた練習になり、“どのタイミングで”“どこを狙うか”という要素を追加して選手のステップアップに繋げました。GKについても、ローリングダウンで砂泥だらけになりながらも楽しくトレーニングに取り組み、シューターとの間合いを考える指導により、GKのポジショニングを覚える事ができたようです。最後のゲームでは、積極的にゴールを狙うことを目的としましたが、「チャレンジ」をしてみて、自分がゴールを狙える距離や角度を自分が「行動する」事で学習することができたでしょうか? サッカーのプレーの中で大きな目標となるプレーですので、それぞれのチームにでも意識して練習をしてくださいね。

 


<4日目 テーマ:ドリブル&フェイント(GK:フロントダイビング、ブレイクアウェイ)
日時:平成21年8月7日(金)
場所:
川崎市立西梶ヶ谷小学校


工事の関係で急遽会場が変更になりました。今までの中でいちばん暑くなり、子供たちにも少々の疲れが見えてきましたが、みんなで元気に楽しくトレーニングに取り組むことができました。ドリブル練習に鬼ごっこの要素を取りいれ、選手のアイデアを呼び起こし、自分で考えて取り組む事を強調しました。2対1では、遠慮がちにパスを選択してしまう場面もあったが、「積極的に取り組む」という約束を思い出し、シュートを狙うことを意識づけました。GKについては、実戦に近い形のトレーニングを行ったことで、DFへの指示やゲーム中のFWとの間合いなど、練習の成果が出ているように感じました。最後のゲームは、昨日に比べてゴールを狙う積極性が出ているように感じ、トレーニングの成果が見受けられました。

 


<5日目 テーマ:ゲーム大会(スクールの総括)
日時:平成21年8月8日(土)
場所:
川崎市立新作小学校


いよいよ最終日恒例のゲーム大会の始まりです。これまでスクールでトレーニングしてきた技術を使って真剣に、そして楽しくサッカーに取り組む姿が印象的でした。さまざまな条件のルールでプレーをして、みんなで頭を使い、一見「ずるい!」と思う作戦にもしっかり頭を使い、仲間と協力して対抗する、そんな楽しさを感じてもらえたかなと感じます。大切なのは「自分で考える」事、「チャレンジ」する事、それらをやめないで「続ける」事であると、スタッフが選手の皆さんに教えられた、そんな最終日になりました。参加して下さった選手の皆さん、スタッフの皆さん、そして応援のお父さんお母さん、暑い中お疲れさまでした。盛況の中、今年も無事に5日間のスクールを終える事ができました。どうもありがとうございました。


(委員会)