平成22年度夏季サッカースクールの活動
  日時:平成22年8日3日(火)~7日(土)
  場所:川崎市立新作小学校

 今年は夏らしく、とても暑い中でのサッカースクールとなりました。
今年も70名近いたくさんの少女選手に参加頂き、川崎フロンターレコーチ、委員会
スタッフとともに“個々のスキルアップからチームプレーへの発展へ”段階的に
ステップアップしていけるようなメニューでスクールを進めてまいりました。

<1日目:コミュニケーション&ボールフィーリング>
手や足、体をフルに使ってボールに慣れ親しむことで、リフティングをはじめ、いろいろな
小技を学びました。また、ゲームではチームの一員として“楽しむ”“自分を表現する”
“一緒に喜ぶ”ことでチームコミュニケーションをはかることを学びました。


<2日目:パス&コントロール>
ボールを受けた際、「どこにボールをトラップすれば良いか?」を考えさせ、次のプレーに
繋げるコントロールボールを練習しました。相手への正確なパスを出すための判断、
および一歩でも早く行動に移すメリットを学びました。


<3日目:ドリブル (GK:基本スキル)>
ドリブルをしてゴール(または目標物)に進めていくメリット、さらにはドリブルでボール
運びをすると周りにどういったことが発生するかを学びました。もちろん、ドリブルスキルも
合わせて練習しました。GK練習については、汗だくになりながらダイビング、ローリング
ダウンなど、基本だが本格的なスキルを学びました。


<4日目:ミニゲーム (GK:シュートストップ)>
3日目までは個人スキルのレベルアップを図りましたが、今日からは少人数でのチーム
プレー方法を練習しました。攻撃時はグランドを広く使う、また守備時はゴール前の
ポジションを考えながら絞る形を学びました。GK練習は、シュート直前のポジション
取りからコースを限定するところまで、内容の濃いトレーニングを行いました。


<5日目:ゲーム大会>
この4日間の成果をゲームを通じて発揮してもらうような形で、多くのゲームを取り入れ
ました。個人技術からのゴール狙い、チームとして勝つことの喜び、そして何よりも多く
の仲間たちとサッカーができる喜び、楽しさをたくさん出してもらいました。


 5日間という短い期間ではありましたが、コーチと子供たち相互にそれぞれ学び得る
ことがたくさんあったスクールであったと思っております。もちろん子供たちには、この
5日間だけでなく今後も技術を向上させ、多くの仲間たちとよりサッカーの楽しさを増や
してもらえればと思います。
 今年も猛暑の中、参加者および保護者の皆様、川崎フロンターレの関係者の皆様、
そしてスタッフの方々には多くのご協力をいただき、ありがとうございました。心より
御礼申し上げます。
(委員会)