理事長挨拶


理事長挨拶

日頃から、川崎市サッカー協会の事業に対し、ご理解ご協力を賜り有り難うございます。当協会では、サッカーを介して、川崎市の皆様に健全で活力のある毎日を提供できる様、日々の活動を進めております。日々の活動の柱としては、①事業、②育成、③渉外、④組織の4つを基本としております。

◆事業について

「事業の日常運営」を念頭に置いた活動で、皆様の大会やイベントを開催し、その運営、フォローを実施します。年代別や目的別に委員会制(種別とも称す)を敷くことにより、きめ細かな対応がとれるよう構成されています。

年代別委員会
  • 第1種委員会   社会人
  • 第2種委員会   高校生(高体連・クラブ)
  • 第3種委員会   中学生(中体連・クラブ)
  • 第4種委員会   小学生(少年少女)
  • 女子委員会       中学生以上の女子
  • シニア委員会    40歳以上
目的別委員会
  • 技術委員会    指導者講習会、年代別トレセン活動の実施及び支援など
  • 審判委員会    各種大会への審判派遣、市内審判員の強化育成
  • フットサル委員会 年代別フットサル大会の企画と運営

◆育成活動について

「将来への投資」を念頭に、の若年層選手及びこの指導者、審判などの育成に関わる活動です。将来、我が街川崎出身のJリーガーや国際審判が巣立つ事を目標に活動を進めています。

  • 第4種(少年少女)のトレセン活動およびスクール活動(U-11・U-12)
  • 第3種(高校生)JFAトレセン神奈川(川崎地区)活動支援、中体連選抜活動支援(U-13・U-14・U-15)
  • 第2種(高校生)活動支援(U-18)
  • 審判(川崎市所属審判)の育成活動

◆渉外活動について

「関連団体との協力」を念頭に、各種スポーツ団体への協力に関わる活動です。一方、当協会の対応にご賛同を頂き、各種大会のご支援を頂くご企業様もあります。

  • 川崎市への協力(韓国富川市との交流試合実施)
  • 神奈川県サッカー協会への協力(天皇杯運営、早慶戦運営協力)
  • 川崎フロンターレ様との協力(Jリーグ戦運営補助、YBCルヴァンカップ、ACL、Jユースカップなどの運営協力)
  • 地元企業との協力(かわしん杯、ケーブルテレビ杯新人戦、U-9秋季サッカー大会)※大会スポンサード
  • 郡市連盟との協力(神奈川県内の市区町村との交流試合)

◆組織について

「健全性と強靭化」を念頭に、当協会は2010年にNPO法人として非営利活動を開始しました。以降、活動の基本を忠実に守り年々充実度を上げて参りました。しかしながら、活動の健全性を保ちながら活動をより活性化すると言う「難題」に直面し、皆様からの毎年の継続寄付の基、2019年認定NPO法人の承認を獲得しました。このことにより組織/会計の健全性はより高められ且つJリーグ運営補助や天皇杯などの営利事業の税金の一部分を育成など公益事業活動に使えるようになり活動をより活性化することができました。



以上のように活動の基本となる4つの柱に関しましては、活動実施時に重なり合う部分も多々ありますが、その時々で、活動をより活性化出来るよう工夫しております。

[認定]特定非営利活動法人 川崎市サッカー協会

理事長  平岡 茂

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Webmaster